デリヘルは風俗業

デリヘルと言うものは風俗業と言われて居ますが、あなたは風俗業と水商売の違いをご存知ですか?意外と纏めて考えられてしまいがちなものですが、風俗と水商売には大きな違いがあります。

風俗と呼ばれるものは「性風俗」と言うものから来ていて、性的サービスを提供するものが基本です。

その為、デリヘルのように性的サービスを行いお客様に喜んで頂く業態の場合は風俗と呼ばれるようになります。

それに比べて水商売と言うのは、風俗よりも名前の由来が分かりやすく、割り水や氷などを多く使いお酒を利用するお店を指す場合に使われるのです。

ただの一般的な飲食業などとは区別され、利益が不確かな商売と言われて居ます。

主に夜間に行われ、酒を振舞いながら接待を行う飲食業、一般的にホストクラブやキャバ嬢クラブ、スナックなどがそう言い表されるようです。

こうして比べて見ると、性的なサービスを含めるものが風俗であり、お酒を中心に接待と言う形を取るのが水商売だと言う大きな違いが見えてくるはずです。

身体を使い商売をするものと言えど、性的サービスと接待、所謂飲み屋での接客業とではまったく別のものであると言う事がご理解頂けるはずです。

なので主に酒や会話を楽しみたいだけならば水商売の方へ、あくまでも性的欲求の解消を目的とするならば風俗を利用する事になります。

似た様なものだと考えすぎて、水商売を行う人に対して失礼な態度を取ってしまうと言う人も居るようですし、こうした店を利用するのであれば、興味を抱くだけでは無く本当の有り方を学習すべきかとも考えられます。

マナーを守った上でのご利用が大切です。